メインイメージ画像

スマホというメディアでニュースを読めるようになりました

昔は新聞を取る人が殆どでした。最近、新聞の発行部数が急激に減少していますが、理由はインターネットのニュースサービスが充実してきたためです。新聞社といったメディアなどはネットのプロバイダーにニュースを提供してこれをインターネットの利用者が読むというスタイルが広まってきたのです。新聞社などのメディアはこういったサービスにニュースを提供することによって取れ高を確保していますが、新聞の発行部数が減少してきているため売り上げの減少は回避できません。



そこでメディア各社が力を入れているのが、スマートフォンやタブレットで新聞を読めるようにするサービスです。スマートフォンなどで新聞に掲載されている記事と同じ内容を閲覧することができるようになって来ました。キーワードを入力すると関連記事が一斉に出てきたり、紙面自体がスクリーンに表示されて新聞全体をみられたりするようになって来ました。これまでインターネットを利用したサービスではキーワードによる検索はできましたが、新聞全体を読むということは難しかったのです。

しかし、タブレットなどの普及で便利となってきました。新聞は発行される地方によって記事が違い、その地方のニュースを読むことができますが、インターネットだとこうした情報を読むのができるようになったのも長所の一つといえます。

こうしたサービスは全国紙のすべてが提供していますが、月額の利用料は新聞の購読料金とあまり変わりませんのでお得です。